ソーシャルリクルーティングとは

Share on Facebook
Share on LinkedIn
Post to Google Buzz
Share on StumbleUpon
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ソーシャルリクルーティングとは
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ソーシャルリクルーティングとは一体どういうものだろうか。

FacebookやTwitterといったソーシャルメディアの隆盛とともに、2009年ころから、「」という言葉が使われるようになった。米国に始まり、ヨーロッパ、豪州など、主に英語圏でこのバズワードが広まりつつあるが、その実態はいまだ混沌としており、いったいこれが何を意味するのか、どのような効果があるものか、定まったものがあるわけではない。

ある定義では、

企業やリクルーターがFacebook、LinkedIn、Twitterその他のソーシャルメディアを利用して候補者を見つけるという採用の手法。

また別の定義では、

1 ソーシャルメディアを採用のツールとして利用し、
2 候補者のコミュニティを形作り、
3 候補者を「大勢のなか」からではなく「顔の見える人」として採用する、

一連のプロセス、といった具合。

他にも様々な人が様々な定義をしており、定義の柱と、その付帯をどこまで含めるか、といったところがバラバラな印象を受ける。

そこで本ブログでは、各国での事例を勘案したうえで、下記のような定義付けを試みたい。

企業/リクルーター側からみた採用活動及び求職者側からみた就職活動は、企業/リクルーターと求職者によるある種のコミュニケーション活動である。

そして、

テクノロジーの進展により、一般的なコミュニケーションの手法はここ数年で劇的に変化している。携帯電
話の普及。Skypeによる長距離通話。SNSによる、知人、未知人とのやりとり。twitterとともに登場したリアルタイムの概念。
これらのソーシャルメディアの本質は、オンラインでのリアルタイムの会話をともなう、人々のコミュニケーションのあり方の根本的なシフトである。

であれば、

そのコミュニケーションの変化に対応して、採用活動/就職活動も、自ずと変容していかざるを得ないのではないか。

すなわち、

ソーシャルリクルーティングとは : テクノロジーの発展とソーシャルメディアの拡大に伴うコミュニケーションの根本的な変化に対応した、採用活動/就職活動の考え方・手法

当然、この定義の中にも、いくつもの論点が存在する。それに先述の通り、ソーシャルリクルーティングの概念はまだ定まったものがない。この定義もあくまで現時点のものであり、適宜見直していくことにしたい。

本ブログでは、海外でのソーシャルリクルーティング事情を紹介しながら、日本におけるソーシャルリクルーティングの方向性や論点について考察していこうと思う。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - ソーシャルリクルーティングとは この記事をクリップ!Livedoorクリップ - ソーシャルリクルーティングとは Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This FriendFeedで共有
まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">